株式会社日吉のCALUX  Assay
   
  一般的なお問合せ   ライセンシー(実施許諾権)募集に関するお問合せ   FAQ(よくある質問)   用語集
     
  HOME >お問合せ > 用語集
 
  CALUXのサイトに出てくる用語(日本語・英語・略語)を「あかさたな」順に羅列しています。用語に関する説明も併記しております。ご活用ください。
 
 
             
                   
 
 
 
 
  日本語
ENGLISH
略語 説明
アリール炭化水素
aryl hydrocarbon
Ah 多環芳香族炭化水素
アリール炭化水素受容体
arylhydrocarbon receptor
AhR 芳香族炭化水素受容体;特異的な細胞外シグナル伝達分子(リガンド)に結合し、細胞の応答するきっかけとなるタンパク質。ダイオキシン類の生体影響の多くは、このレセプターと結合することにより引き起こされる。
遺伝子転写
gene transcription
  RNAポリメラーゼという酵素により、DNAの一方の鎖から相補的な配列をもつRNAをコピーすること。
活性炭カラム
activated column
  ダイオキシン類のクリーンアップ及びPCDDs/Fs、DL-PCBsを分画するカラム
環境基準
Environmental Quality Standard
  ダイオキシン類対策特別措置法第7条の規定に基づき、大気の汚染、水質の汚濁及び土壌の汚染に係る環境上の条件について、人の健康を保護する上で維持されることが望ましい基準として設定されたもので、 大気環境基準0.6pg-TEQ/m3以下、水質環境基準1pg-TEQ/L以下、土壌環境基準1,000pg-TEQ/g以下、底質の環境基準は150pg-TEQ/g以下
外来遺伝子
exogenous gene
  遺伝子工学的手法等により外部から細胞内に導入された遺伝子のこと。
クリーンアップ
clean up
  抽出後の試料に対して、シリカゲル系カラムや活性炭カラムを用いて、夾雑物の除去をする工程
ケイラックス
Chemically-Activated Luciferase gene eXpression
CALUX Ahレセプターバインディングアッセイの一種。前処理に、硫酸シリカゲルカラム及び活性炭カラムを使用し、測定に、ダイオキシン類応答性組換え細胞H1L6.1c2を用いたレポータージーンアッセイを利用してダイオキシン類の毒性等量を測定する方法
検出下限
detection limit
  生物検定において、標準物質を含まない溶媒コントロール(DMSO)を測定する。原則としては、この操作を3回以上繰り返し、得られた測定値から標準偏差を求め、その3倍に相当する標準物質濃度を検出下限とする。
高分解能ガスクロマトグラフ/高分解質量分析計
high resolution gas-chromatography mass-spectroscopy assay
HRGC/MS ガスクロマトグラフのカラムとしてキャピラリーカラムを用い、分解能が10,000 以上の二重収束形質量分析計を組み合わせたもの
交差反応性
cross reactivity
  ある抗原に応答して生産される抗体と別の抗原との反応。
 
  日本語
ENGLISH
略語 説明
細胞株
cell line
  培養により無制限に増殖できる植物や動物起源の細胞集団のこと。
実測濃度
actual concentration
  各生物検定法において定められた標準物質を用いて検量線を作成し、それに基づいて得られた、試料中ダイオキシン類の標準物質に相当する濃度
スパイク
spike
  サンプリングスパイク、クリーンアップスパイク、シリンジスパイク等があり、主に機器分析における精度管理で使用される指標。
生物検定法
biological assay
  バイオアッセイ(生物学的定量法)ともいう。物質の量や構成成分、効力を、その物質を与えられた生物の反応から推定する方法
粗抽出液
rough extraction solution
  抽出を行った液。
多環式芳香族炭化水素
polycyclic aromatic hydrocarbon
PAH 炭素と水素原子から成る2およびそれ以上の縮合芳香環を含む多くの種類の有機化合物類。ダイオキシン類もこの一種。
耐容一日摂取量
total dioxin intake
TDI 人が生涯にわたり摂取しても健康に対する有害な影響が現れないと判断される一日体重1kg当たりの摂取量。4pg-TEQ/体重kg/日 (現在の日本人の平均的な摂取量は1.5pg-TEQ/kg/日程度)
ダイオキシン類 Dioxin PCDD、PCDF、DL-PCBの総称
ダイオキシン様PCB
dioxin like PCB
DL-PCB ポリ塩化ビフェニル(PCBs)の中でダイオキシン類と同様の毒性をもつ異性体をさす。ダイオキシン類と同様に扁平構造を示し、DL-PCBs、コプラナーPCBsとも言われる。
ダイオキシン応答配列
dioxin responsive element
DRE ダイオキシン類が特異的に結合する遺伝子の塩基配列部分
抽出
extraction
  対象物質を試料から取り出す、または妨害物質を除去する手法で、溶媒抽出(振とう抽出、ソックスレー抽出、超音波抽出、高速溶媒抽出等)、固相抽出等多種多様な手法があります。
定量下限
determination limit
  生物検定において、標準物質を含まない溶媒コントロール(DMSO)を測定する。原則としては、この操作を3回以上繰り返し、得られた測定値から標準偏差を求め、その10倍に相当する標準物質濃を定量下限値とする。
毒性等量
toxic equivalent
TEQ TEFを用いてダイオキシン類の毒性を足し合わせた値
毒性等価係数
toxic equivalency factor
TEF 2,3,7,8­TeCDDの毒性を1として他のダイオキシン類の仲間の毒性の強さを換算した係数
ナノグラム
nano gram
ng 1億分の1グラム。(1*10-9)
 
 
  日本語
ENGLISH
略語 説明
発光量
relative light unit
RLU ルシフェラーゼが基質と作用する際に生じる発光の強さを指す
排出ガス
emission gas
  特定施設から大気中に排出される排出物
ばいじん
dust
  ボイラーや電気炉などから発生するすすなどの粒子状の物質
ピコグラム
pico
pg 重量をあらわす単位。1兆分の1グラム(1*10-12)
プラスミド
plasmid
  小型の環状DNA分子のこと。DNA組替え技術のベクターとして広く用いられている。
変動係数
coefficient of variation
CV 相対標準偏差ともいう。サンプル値の標準偏差を平均値で割ることによって、実質的なデータのバラつきの大きさ(バラつき度)を評価する尺度。
ベクター
vector
  DNA組替え技術において、目的とする遺伝子を宿主細胞に運ぶ自己複製DNA分子のこと。
ポリ塩化ビフェニル
polychlorinated biphenyl
PCB 2つのフェニル基が結合したビフェニルの水素が塩素に置換されたもの
ポリ塩化ジベンゾジオキシン
polychlorinated dibenzo-p-dioxin
PCDD 2個のベンゼン環が2個の酸素により結合した(ジオキシン)もので、ベンゼン環の炭素にある水素が1から8個の塩素で置換されたもの
ポリ塩化ジベンゾフラン
polychlorinated dibenzofuran
PCDF 2個のベンゼン環が1個の酸素により結合したもので、ベンゼン環の炭素にある水素が1から8個の塩素で置換されたもの
燃え殻
ash
  ばいじん以外の燃焼炉内排出物で主に炉の底部から排出されるもの
リガンド
ligand
  タンパク質又は他の分子の特異的部位に結合する分子の総称のこと。レセプターが鍵穴でリガンドが鍵の関係。両者が結合すると、両者の関係に特異的な信号が発生し生理反応が引き起こされる。
ルシフェラーゼ
luciferase
  ホタルの蛍光を発する酵素
ルシフェラーゼ遺伝子
lusiferase gene
  生物発光反応を触媒する酵素を発現するホタル由来の(ルシフェラーゼ)遺伝子のこと。
レポータージーンアッセイ
reporter gene
   
 
  ENGLISH
日本語
略語 説明
Ah Recepter Nuclear Translocator protein
relative light unit

AhR核運搬プロテイン
ARNT 多環芳香族レセプター核内運搬タンパク質
CALUX-TEF   CALUX細胞における2,3,7,8TCDD=TEF1に対する相対毒性等量(IC50)
CALUX-TEQ   生物検定法においては、実測濃度について対象測定媒体別に定められる換算による換算を行って得られた値
cytochrome P450 CYP1A1 薬物代謝酵素チトクロムP450類に属する薬物代謝酵素のこと。CYP1A1は、ダイオキシン類により誘導されることが知られている。
relative potency
相対毒性強度
REP CALUX-TEFと同じ
WHO-TEF   WHO/IPCS(1998)のTEF
  XCARB 活性炭を分散させたセライト(1%XCARB/セライト)XDS社製
 
〒523-8555(個別郵便番号) 滋賀県近江八幡市北之庄町908番地
株式会社日吉 技術部 分析研究課
電話番号:0748-32-5001 FAX:0748-32-4192
         

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ

ケイラックス  は株式会社日吉の登録商標です