株式会社日吉のCALUX  Assay
   
  バイオアッセイとは   CALUX細胞メカニズム   CALUX精度   CALUX分析の流れ
 
試料 抽出 クリーンアップ 濃縮 測定 報告
 
  HOME > 方法 > CALUX分析の流れ > クリーンアップ
 
 
 
 
ヘキサンに再溶解させ、現在XDS社が特許取得のクリーンアップ法を用いて処理を行います。このクリーンアップ法は簡便で、ヘキサンに再溶解させた抽出液を硫酸シリカゲルカラムとXCARBカラム(XDS社製活性炭カラム)に通液させた後、適切な溶媒でダイオキシン様PCB(DL-PCBs)とダイオキシン/フラン(PCDD/DFs)を溶出、分画もしくは 、非分画させます。
 
 
 
 
 
濃縮
 
硫酸シリカゲルカラム/活性炭カラムの前処理がポイント!この技術はCALUXの持つ独自技術です。
 
 
特徴
>5つのメリット
>>分析費用が安い
>>分析時間が短い
>>仕組みや操作が簡単
         

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ

ケイラックス  は株式会社日吉の登録商標です