株式会社日吉のCALUX  Assay
   
  バイオアッセイとは   CALUX細胞メカニズム   CALUX精度   CALUX分析の流れ
 
試料 抽出 クリーンアップ 濃縮 測定 報告
 
  HOME > 方法 > CALUX分析の流れ > 測定
 
 
 
 
▼「細胞に暴露」
「ルミノメーターによるルシフェラーゼ活性測定」
クリーンアップした試料を、ジメチルスルホキシド(DMSO)に転溶し、96穴プレート内で生育させたH1L1.6マウス肝がん細胞の単層に曝露させます。また、検量線用として同一プレート内に希釈段階の2,3,7,8-TCDDを曝露しておきます。このプレートを24時間培養させた後、試料中のDXNs類濃度による毒性に応じて生成されるルシフェラーゼを定量し総毒性量CALUX-TEQを得ます。
 
 
 
 
 
報告
 
 
方法
>バイオアッセイとは
>CALUX細胞メカニズム
>CALUX精度
概要
>CALUXのバックグラウンド
         

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ

ケイラックス  は株式会社日吉の登録商標です