株式会社日吉のCALUX  Assay
   
     
  HOME > 概要 > CALUXのバックグラウンド
 
  CALUX Assay(Chemically Activated Luciferase Expression)は、アメリカのXDS社(Xenobiotic Detection Systems International, Inc.)が開発し1998年12月米国で特許を取得した技術(バイオアッセイ法)で、ダイオキシン類(PCDDs、PCDFs、DL-PCBs)を簡便・迅速に測定する簡易測定法です。
 
 
株式会社日吉は、1998年よりXDS社と共同研究を開始し、2000年にライセンス契約を締結して、CALUX Assayの販売普及に取り組んでおり、これまで多くの政府研究機関、大学、民間企業などと共同研究を進め検証作業に取り組んきました。

現在、土壌・底質、ばいじん・燃え殻、水質、排出ガスなどの環境試料のほか、血液、母乳、脂肪組織などの生体試料、さらに魚、乳製品などの食品試料など幅広い試料媒体を対象に利用されています。
 
   
 
方法
>バイオアッセイとは
>CALUX細胞メカニズム
特徴
>5つのメリット
概要
> CALUXとその他のダイオキシン類簡易測定法
>>CALUXの主な実績
>>世界のCALUX
ご利用提案
>公定法
>排出ガス
>ばいじん及び燃え殻
>土壌及び底質
>水質
>生体(脂肪)
>食品(魚)
>内分泌撹乱物質
会社案内
>特許・登録
         

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ

ケイラックス  は株式会社日吉の登録商標です