株式会社日吉のCALUX  Assay
   
 
 
  平成17年9月14日環境省発表
 
ダイオキシン類対策特別措置法施行規則第2条第1項第4号の規定に基づき環境大臣が定める方法(平成17年9月環境省告示第92号)にケイラックス® (CALUX® )アッセイが指定されました。
 
 
  http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=6349
 
 
   
平成17年9月環境省告示第92号第1の1
ダイオキシン類がアリール炭化水素受容体に結合することを利用した方法
  前処理に、硫酸シリカゲルカラム及び活性炭カラムを使用し、測定に、ダイオキ シン類応答性組換え細胞H1L6.1c2を用いたレポータージーンアッセイを利用してダイオキシン類の毒性等量を測定する方法(ダイオキシン類応答組換え細胞H1L6.1c2は、ホタルルシフェラーゼ遺伝子の上流域に4個のダイオキシン応答配列DREを含むシトクロムP450(CYP1A1)プロモーターを持つプラスミドpGudLuc6.1を、マウス肝がん細胞Hepa1c1c7に導入したものとする。)
 
  HRGC/HRMSによる従来の測定方法に加えて、生物検定法による簡易測定法を用いることができるようになりました。
適用範囲は次の通りです。
 
2000kg/時未満
2000〜4000kg/時 ×
4000kg/時以上 ×
 
環境省の告示を受けて、厚生労働省においても廃棄物焼却施設における炉内付着物の測定への適応が許可されました(平成17年11月15日基安化発第1115001号)。
 
お問い合わせ先は、お問合せフォーム、または下記連絡先へご連絡ください。 お問合せ
ライセンシー(実施許諾権)募集に関するお問合せフォームはこちら
〒523-8555(個別郵便番号) 滋賀県近江八幡市北之庄町908番地
株式会社日吉 技術部 分析研究課
電話番号:0748-32-5001 FAX:0748-32-4192
E-mail:calux@hiyoshi-es.co.jp

( 東京事務所 )
〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
電話番号:03-5772-6073 FAX:03-5772-6074
         

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはcalux@hiyoshi-es.co.jpまでどうぞ

ケイラックス  は株式会社日吉の登録商標です