株式会社日吉のCALUX  Assay
   
  公定法   一般
     
  HOME > ご利用提案 > 公定法
 
  「ダイオキシン類対策特別措置法施行規則第2条第1項第4号の規定に基づき環境大臣が定める方法(平成17年9月環境省告示第92号)」の告示が9/14公布及び施行され、「ダイオキシン類対策特別措置法施行規則第2条第1項第4号の規定に基づき環境大臣が定める方法」として使用できます。
 
2000kg/時未満
2000〜4000kg/時 ×
4000kg/時以上 ×
 
 
 
 
  大気基準適用施設又は水質基準適用事業場の設置者は、毎年一回以上で政令で定める回数、政令で定めるところにより、大気基準適用施設にあっては当該大気基準適用施設から排出される排出ガス、その排出する集じん機によって集められたばいじん及び焼却灰、その他の燃え殻につき、政令で定めるところにより、そのダイオキシン類による汚染の状況について、測定を行わなければなりません。
 
  廃棄物焼却炉である特定施設から排出される当該特定施設の集じん機によって集められたばいじん及び焼却灰、その他の燃え殻の処分(再生することを含む。)を行う場合には、当該ばいじん及び焼却灰、その他の燃え殻に含まれるダイオキシン類の量が環境省令で定める基準以内となるように処理しなければなりません。
  ダイオキシン類対策特別措置法施行規則においては、ダイオキシン類の測定の一部について、高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計による従来の測定法に加えて、[1]ダイオキシン類がアリール炭化水素受容体に結合することを利用した方法、[2]ダイオキシン類を抗原とする抗原抗体反応を利用した方法であって、十分な精度を有するものとして環境大臣が定める方法を用いることができることとされています。 今回の告示では、この環境大臣が定める方法として、以下のように、[1]について3種類、[2]について1種類の具体的な測定方法を指定されました。
 
   
CALUXは、環境省告示第92号第1の1
  前処理に、硫酸シリカゲルカラム及び活性炭カラムを使用し、測定に、ダイオキシン類応答性組換え細胞H1L6.1c2を用いたレポータージーンアッセイを利用してダイオキシン類の毒性等量を測定する方法(ダイオキシン類応答性組換え細胞H1L6.1c2は、ホタルルシフェラーゼ遺伝子の上流域に4個のダイオキシン応答配列DREを含むシトクロムP450(CYP1A1)プロモーターを持つプラスミドpGudLuc6.1を、マウス肝ガン細胞Hepa1c1c7に導入したものとする。)
 
 
 
概要
>> CALUXに関わるDXN類関連省令
特徴
>5つのメリット
>> CALUXとHRGC/HRMSとの関係
ご利用提案
>排出ガス
>ばいじん及び燃え殻
>土壌及び底質
>水質
>生体(脂肪)
>食品(魚)
>内分泌撹乱物質
>ダイオキシン分析
>廃棄物分析
>産業廃棄物の
 収集・運搬・処理
>作業環境測定
>大気測定
>焼却炉関連薬剤
 
         

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ

ケイラックス  は株式会社日吉の登録商標です