株式会社日吉のCALUX  Assay
   
  公定法   一般
 
排出ガス ばいじん及び燃え殻 土壌及び底質 水質 生体(脂肪) 食品(魚) 内分泌撹乱物質
 
  HOME > ご利用提案 > 一般 > 排出ガス
 
 
  廃棄物焼却施設における排出ガスなどの管理では、HRGC/MS(機器分析法)とCALUXを併用することで、最適な運転条件を設定し安全かつ効率的に、日常的な自主管理が可能です。
  廃棄物の量・種類によるDXN濃度の変化を確認し、日常的な管理に利用しています。
 
項目 HRGC/MS
(機器分析法)
CALUX
媒体名 ケース ng-TEQ/m3N 実測値 HRGC/MS比 換算値 HRGC/MS比
排出ガス ケース1 12 49 4.1 12 1.0
ケース2 2.1 7.5 3.6 1.9 0.90
ケース3 1.1 4.3 3.9 1.1 0.99
ケース4 1.2 6.6 5.5 1.7 1.4
ケース5 52 140 2.7 35 0.68
 
  1994年頃から産廃処理業者「鞄本工業所」が和歌山県橋本市に産業廃棄物を持ち込み、谷を埋め野焼を行った結果、焼却炉内や周辺土壌で高濃度のダイオキシン類汚染が確認されました。2000年、和歌山県は業者に対し高濃度ダイオキシン類汚染焼却施設の解体・処分及び埋立廃棄物の撤去・処分等の処理命令を出しましたが、業者は従わず、同年5月、和歌山県が処置命令に係る代執行を行いました。
鴻池組鰍ェこの代執行業務を、ジオメルト工法等(GeoMelt Technology)のダイオキシン類無害化処理技術により受託しました。
 
 
NO 試料媒体 性状 単位 HRGC/MS CALUX CALUX : HRGC/MS
1 仮置き廃棄物堀削ヵ所 土壌 ng-TEQ/g 0.017 0.032 1.88
2 洗浄水 NO.1 水質 ng-TEQ/g 0.056 0.13 2.32
3 仮置き廃棄物堀削ヵ所 土壌 ng-TEQ/g 0.095 0.64 6.74
4 埋設旧焼却炉施設横 ng-TEQ/g 0.21 0.75 3.57
5 埋設旧焼却炉施設横 ng-TEQ/g 2.1 2.3 1.10
6 洗浄水 NO.2 水質 ng-TEQ/g 7.0 18 2.57
7 ドラム缶内炉底焼却灰 ng-TEQ/g 14 24 1.71
8 焼却炉内焼却灰 ng-TEQ/g 28 46 1.64
9 焼却炉内焼却灰 ng-TEQ/g 29 51 1.76
10 冷却塔残留物 ng-TEQ/g 120 120 1.00
11 循環水槽汚泥 汚泥 ng-TEQ/g 110 160 1.45
12 焼却炉煙突東崖上 土壌 ng-TEQ/g 150 480 3.20
相関係数(CALUX・HRGC/MS) ng-TEQ/g 0.9756
 
  同じように焼却炉解体現場における除洗完了後の判断、周辺環境影響調査に有効です。
 
特徴
>> CALUXとHRGC/HRMSとの関係
概要
>CALUXの主な実績
ご利用提案
>公定法
>ばいじん及び燃え殻
>土壌及び底質
>水質
>生体(脂肪)
>食品(魚)
>内分泌撹乱物質
>ダイオキシン分析
>廃棄物分析
>作業環境測定
>大気測定
>焼却炉関連薬剤
 
         

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ

ケイラックス  は株式会社日吉の登録商標です