株式会社日吉のCALUX  Assay
   
  公定法   一般
 
排出ガス ばいじん及び燃え殻 土壌及び底質 水質 生体(脂肪) 食品(魚) 内分泌撹乱物質
土壌汚染調査へのCALUXの適用 CALUXによる土壌汚染評価 実績
 
  HOME > ご利用提案 > 一般 > 土壌及び底質
 
 
  土壌汚染対策法(土対法)指定26種類の有害物質についての土壌汚染の対策が講じられ、ダイオキシン類はダイオキシン類特別措置法(特措法)で対策がとられています。どちらも汚染が明るみになると指定地域とされ、対策がとられます。(土対法では浄化義務ないが、特措法では浄化が行わます)

ダイオキシン類汚染による「環境リスク」も考慮が必要
ダイオキシン類汚染の方が汚染判明時の影響大きいのではないか
 
 
土地を担保に取れるかどうか判断するには、有害物質があるかどうか調査が必要です。ダイオキシン類の公定法による調査にはコスト、時間がかかるため、これまで気軽に調査を行うことができませんでした。「環境リスク」を効果的に評価し、リスクの削減するためには迅速で低コストな簡易的な調査法が必要不可欠です。

ダイオキシン類による「環境リスク」の評価法が必要
迅速で低コストなダイオキシン類調査法が必要不可欠



産官学が協力し、CALUX法を使って土壌ダイオキシン類汚染を効率よくスクリーニングする方法を開発しています。その結果、環境省をはじめ多くの研究機関にもその有効性は認められています。CALUX法は迅速かつ低コストで信頼性が高い評価法であるため、多地点調査を可能とし、ダイオキシン類汚染を見落とすリスクを低減することができます。
土壌のスクリーニングにCALUX法をぜひ活用していただき、迅速で効果的なダイオキシン類汚染対策を実践してください。

CALUX法により効果的な土壌のダイオキシン類汚染対策の実現
 
 
土壌汚染調査へのCALUXの適用
 
概要
>> CALUXに関わるDXN類関連省令
 
特徴
>5つのメリット
>> CALUXとHRGC/HRMSとの関係
ご利用提案
>ばいじん及び燃え殻
>水質
>生体(脂肪)
>土壌汚染調査
>土壌分析
>産業廃棄物の
  収集・運搬・処理
 
         

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ

ケイラックス  は株式会社日吉の登録商標です