株式会社日吉のCALUX  Assay
   
  公定法   一般
 
排出ガス ばいじん及び燃え殻 土壌及び底質 水質 生体(脂肪) 食品(魚) 内分泌撹乱物質
土壌汚染調査へのCALUXの適用 CALUXによる土壌汚染評価 実績
 
  HOME > ご利用提案 > 一般 > 土壌及び底質 > 土壌汚染調査へのCALUXの適用
 
 
  比較的ダイオキシン類汚染の可能性の高い事業者所有の土地(特定施設が設置されていた土地及び周辺の土地)を新たに担保に取る際のその土地ダイオキシン類による「環境リスク」の評価
 
これまで数々のCALUX法の検証を行ってきましたが、その中でも環境省など第三者機関が主となって行った検証(右図)結果の回帰直線より、CALUX法の値からHRGC/MSの値を予測します。回帰直線はy=0.53xとなり、土壌の環境基準値1000、調査指標値250に相当するCALUX法の値はそれぞれ1900、475となります。また、通常CALUX法の繰り返し精度は30%程度であるため、判断基準は下限を475×0.7=300、上限は1900÷0.7=2500としました。これらをもとにしたCALUX法による土壌中のダイオキシン類調査フロー(案)を示します。
 
低コストで信頼性の高い評価が可能
 
長浜市では市内全域のダイオキシン類の土壌調査にCALUX法を採用し、コスト削減を達成。(HGC/MS法<機器分析法>と比べてコストが1/3の約400万

長浜市内全域のダイオキシン類の土壌調査についての詳細を掲載しています。
実績
 
土壌汚染調査へのCALUXの適用
 
概要
>> CALUXに関わるDXN類関連省令
方法
>CALUX精度
特徴
>5つのメリット
>>分析費用が安い
>> CALUXとHRGC/HRMSとの関係
ご利用提案
>ばいじん及び燃え殻
>水質
>生体(脂肪)
>食品(魚)
         

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ

ケイラックス  は株式会社日吉の登録商標です